ニュース

イベント・講演会情報

「オープンキャンパスのご案内」八丁堀校・中野校春講座の模擬講義・ガイダンスを実施

2018.02.21

イベント名:
「オープンキャンパスのご案内」八丁堀校・中野校春講座の模擬講義・ガイダンスを実施
開催場所:
エクステンションセンター 中野校
エクステンションセンター 八丁堀校
開催日程:
【中 野 校 】2018年3月14日(水) 11:00~16:30
【八丁堀校】2018年3月15日(木) 11:00~16:30
申込締切:
事前予約不要

● 参加費 無料 ●
● 事前予約 不要 ●

オープンキャンパスは、エクステンションセンターの授業を体験していただける1日です。現役講師による模擬講義・ガイダンスを行います。当日は、教材の閲覧や個別の相談も承ります。事前予約は不要です。この機会に、ぜひ足をお運びください。
※各講座の詳細は、講座名のリンクからご参照ください。
※途中入退出自由(各回の30分前に開場)。
※当日の状況により、講座が一部変更となる可能性があります。変更がある場合、ホームページに掲載いたします。

●イベントの概要(PDF)
オープンキャンパスのご案内2018.pdf

参加特典 入会金無料
※参加特典は新たに会員になる方が対象です。
※春学期講座の通常受付(3月9日~)は先着順のため、ご希望の講座は
当日すでに満席になっている可能性もありますので、ご注意ください。

中野校 3月14日(水)

11:00~12:00
『源氏物語』を愉しく読む
橋本 ゆかり(大妻女子大学講師)
歌ことば、平安の儀礼、生活様式、恋のルール等日本文化にふれながら『源氏物語』を愉しく読み味います。
近代文学の名作に親しむ
中島 国彦(早稲田大学名誉教授)
明治・大正・昭和の文学作品の中から、よく知られた名作を選び、その魅力を明らかにします。
ローマ皇帝史
新保 良明(東京都市大学教授)
77名の皇帝から、重要な役割を担った皇帝をピックアップし、歩んだ人生、エピソードを歴史的にたどります。
自由主義思想の系譜
古賀 勝次郎(早稲田大学教授)
ロック、ヒューム、スミス、ハイエク、フリードマンを中心に、自由主義の形成、展開、発展を歴史的に学びます。
サイエンスの視点で見る映像作品
竹田 淳一郎(早稲田大学高等学院教諭)
有名な映画やアニメの様々な場面を科学的な視点で検証・解説する講座です。
アメリカの教科書で学ぶアメリカ史〔中級〕
James M. Vardaman(早稲田大学名誉教授)
矛盾と葛藤を抱え、大きな魅力をもつアメリカという国を、アメリカ人の教科書を読みながら理解します。
12:30~13:30
江戸幕府の政治とその特長
荒木 裕行(東京大学史料編纂所助教)
寛永・天明の大飢饉・御家騒動・大塩平八郎の乱等大事件から江戸幕府の国家像を考えます。
日記でたどる20世紀の戦争と日本人
川崎 賢子(立教大学特任教授)
戦争の時代の日常を辿り、なぜ戦争は止められなかったのかを多くの人々の日記から考えます。
西洋美術入門―印象派とその時代―
岸 みづき(早稲田大学講師)
西洋美術の中でも人気の高い「印象派」の主要な画家たちと作品を鑑賞する講座です。
初めての茶道・講義と体験
伊澤 道夫(裏千家淡交会埼玉県支部参与)
気軽なミニ茶会を体験していただき、講座の進め方やお茶道具についての質問にお答えします。(定員10名・先着順)
英語で読む少年少女文学全集〔初級~中級〕
小林 英美(茨城大学教授)
「少年少女文学全集」の有名な作品を、時代や文化背景を解説しながら英語で読む講座です。朗読の練習も実施します。
14:00~15:00
あなたがまだ知らないかもしれないシェイクスピア
北村 紗衣(武蔵大学准教授)
新国立劇場で春学期に上演される『ヘンリー五世』をとりあげ、シェイクスピアの楽しみ方を解説します。
建築から見る古代の「文明開化」
武澤 秀一(一級建築士、著述家)
法隆寺、伊勢神宮などの「古代」建築は、国家誕生の形成プロセスにどのような役割を果たしたのか探ります。
天皇たちの王朝時代
繁田 信一(神奈川大学講師)
王朝時代の天皇の一年の公務、一日の勤め、求められる教養や心得などから、国王の暮らしを解説します。
明治国家と万国対峙
勝田 政治(国士舘大学教授)
明治政府が展開した政策から、国是とした「万国対峙」の取り組みを探り、近代日本の形成過程を解説します。
朝鮮近代史Ⅰ
李 相旭(青山学院大学非常勤講師)
大院君政権から植民地支配、3・1独立運動に至る近代朝鮮の歴史を解説します。
三国志の世界―劉備の入蜀
仙石 知子(早稲田大学講師)
曹操、劉備・諸葛亮、孫権等が登場する三国志の世界の魅力に、映像も利用しながら迫ります。
文楽のツボ―人形浄瑠璃を楽しもう
葛西 聖司(古典芸能解説者)
入門者の方に向けて、日本の伝統芸能である文楽の世界をわかりやすくご紹介します。
15:30~16:30
名作小説で探訪する世界都市ロンドン
井伊 順彦(英文学者)
世界都市ロンドンを舞台にした小説から、たそがれを迎えた大英帝国を文化的、社会的に探ります。
歌舞伎ものがたり―歌舞伎を知ろう・観よう―
中村 義裕(演劇評論家、日本文化研究家)
歌舞伎の発祥や歴史について、観賞の前に知っておきたい基礎知識をレクチャーします。
西洋書道 カリグラフィー教室
阿部 久代(カリグラファーズ・ギルド会員)
カリグラフィーを基礎から本格的に学んでみたいという方に、講師によるデモンストレーションを開催します。
韓国語〔初級〕〔初級~中級〕
野間 秀樹(明治学院大学特命教授)
初級レベル、中級レベルそれぞれで韓国語を本当に自分のことばにするための学習をご一緒します。

※パンフレット修正:「310102:『日本書紀』を読む」は、オープンキャンパスでの模擬講義は予定していません。 

 

八丁堀校 3月15日(水)

11:00~12:00
英語で楽しく歩く東京〔基礎~初級〕
Robert L. Plautz(翻訳家)
都内の名所を紹介するための、簡単かつユーモアあふれる英会話表現を楽しく学びます。
吉田松陰の時代
須田 努(明治大学教授)
従来のイメージを廃し、史料とフィールドワークに基づいた松陰の思想と行動を分析します。
ハワイの歴史と文化
矢口 祐人(東京大学大学院教授)
人気のハワイを、歴史や文化の様々な側面から考え、知られざる「楽園」への理解を深めます。
ジャズ概論
金子 健(ジャズ・ベーシスト、国立音楽大学講師)
今なお多様に進化し続けるJazzの魅力とは。多角的に探り、掘り下げていきます。
12:30~13:30
戦後政治を考える
望月 雅士(早稲田大学講師)
『佐藤栄作日記』を中心に様々な資料を読み解きながら、戦後日本の歩みを考えます。
日本の文化を考える
桜井 洋(早稲田大学教授)
現代世界における、思想や美学といった日本文化の意義について理解することを目指します。
ワシントンレポート~トランプ政権を取り巻くいまのアメリカ
堀田 佳男(国際ジャーナリスト)
首都ワシントンでの取材で得た情報を元に、トランプ政権の現状と展望をつかみます。
14:00~15:00
初めての英語ボランティアガイド〔基礎~初級〕
長井 紅美(株式会社オフィス・ビー・アイ講師)
英語初心者の方が、外国人に対し、ごく簡単なガイドができるようになることを目指します。
国際情勢のリアルを読み解く「地政学」の基礎
石塚 勝美(共栄大学教授)
大きく変化する国々に注目し、その政治や経済に地理的環境が与える影響を読み解きます。
日本のポップス、ロックの生い立ちと音楽産業の変貌
宮治 淳一(音楽ライター、DJ)
和製ポップスやロックの生成過程を追い、その変貌と現在の音楽産業を考察します。
15:30~16:30
英語で語る日本の社会と文化〔中級~中上級〕
Paul Watt(日本文化・宗教研究家、元早稲田大学教授)
「寅さん」時代と現代の日本を比較し、日本語と英語で楽しく日本社会・文化を学びます。
生命(いのち)のにぎわいを探る
樋口 広芳(東京大学名誉教授)
春の季節に焦点をあて、生物多様性のなりたちを学びつつ、人間生活との関わりを探求します。
講座政策論争~東京の政治、東京の政策を斬る!
佐々木 信夫(中央大学教授)
戦後都政を検証しつつ小池都政の動静を読み、都政の諸問題を地方自治の観点から紐解きます。

※パンフレット変更:「201234:吉田松陰の時代」は、14:00~15:00から11:00~12:00に変更となりました。